SLC(マウス)

アウトブレッドマウス

系統名Slc:ddY
由来国立予防衛生研究所
特性 発育良好、繁殖性良好
ワクチン検定・貝毒性検査.・精神疾患(うつ)・各種研究などにもっとも広く使用

系統名Slc:ICR
由来Charles River Laboratories,Inc.(米国)
特性 発育良好、繁殖性良好、体型比較的大型
安全性・薬理薬効試験・免疫・遺伝毒性試験・各種研究試験などに広く使用

インブレッドマウス(近交系)

系統名BALB/cCrSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 心臓に石灰沈着が高率に発生する
♂同士のケンカが比較的若齢より多発する
モノクローナル抗体作製
アレルギー研究(ぜんそく、皮膚炎等)
潰瘍性大腸炎モデル

系統名C57BL/6NCrSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 自然発生腫瘍が少ない
幼仔に脱毛が生じ易い
新生仔の雄に小眼または無眼症が多い
遺伝子改変動物作製に使用
アルコール嗜好性が高い
加齢の研究

系統名C57BL/6JJmsSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 遺伝子改変動物作製に使用

系統名C3H/HeSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 MTVは陰性
遺伝的な網膜異常がある
育毛・皮膚試験に使用

系統名DBA/2CrSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 若齢で聴音発作を起こし易い
心臓に石灰沈着が高率に発生する
生産効率が悪い
食物アレルギー実験モデル
寄生虫感染モデル

系統名DBA/1JJmsSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 薬物誘導性関節炎モデル
Ⅱ型コラーゲン関節炎モデル(薬物誘導)
感染防御・感染免疫実験

系統名NC/NgaSlc
由来名古屋大学農学部
特性 薬物誘導性アトピー性皮膚炎モデル
薬物誘導により皮膚炎発症
皮膚炎を発症させるためのダニを付けての供給も可能

系統名NZW/NSlc
由来国立予防衛生研究所
特性 SLE要の病態を発症しない
NZB/NとのF1で重篤な自己免疫疾患症状を発症

系統名A/JJmsSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 肺腫瘍の発生率が高い
仔の口蓋裂の発生率8.4%
抗原性試験に使用
感染実験に使用

系統名AKR/NSlc
由来国立予防衛生研究所
特性 白血病♀93% ♂80%
自然発生リンパ性白血病
光アレルギーモデル

系統名CBA/NSlc
由来国立予防衛生研究所
特性 B Cell機能低下
局所リンパ節増殖試験
感染実験

系統名C3H/HeNSlc
由来国立予防衛生研究所
特性 MTVは陰性
LPSに対する反応性が高い
育毛・皮膚試験に使用

系統名C3H/HeJYokSlc
由来国立予防衛生研究所
特性 MTVは陰性
LPSに対する低応答性
脱毛モデル試験

系統名129X1/SvJJmsSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 発生工学の分野で利用される
ES細胞は標的遺伝子組換え実験に最も良く用いられる

B10コンジェニック

系統名C57BL/10SnSlc H2b
由来東京大学医科学研究所
特性 幼仔に脱毛が生じ易い
新生仔の雄に小眼または無眼症が多い
遺伝子改変動物作製に使用
アルコール嗜好性が高い
加齢の研究

系統名B10.A/SgSnSlc H2a
由来東京大学医科学研究所
特性 免疫機能の作用機序に関する研究

系統名B10.BR/SgSnSlc H2k
由来東京大学医科学研究所
特性 免疫機能の作用機序に関する研究

系統名B10.D2/nSnSlc H2d
由来東京大学医科学研究所
特性 免疫機能の作用機序に関する研究

系統名B10.MBR/Slc H2bq1
由来東京大学医科学研究所
特性 免疫機能の作用機序に関する研究

系統名B10.QBR/SxSlc H2bq4
由来大阪大学医学部
特性 免疫機能の作用機序に関する研究

系統名B10.S/SgSlc H2s
由来大阪大学医学部
特性 免疫機能の作用機序に関する研究

ハイブリッド

系統名B6D2F1/Slc
由来B6N♀×DBA/2♂
特性 遺伝子改変動物作製に使用

系統名CB6F1/Slc
由来BALB♀×B6N♂
特性 細胞移植実験

系統名CD2F1/Slc
由来BALB♀×DBA/2♂
特性 薬剤の抗腫瘍効果の研究
細胞移植

系統名B6C3F1/Slc
由来B6N♀×C3H♂
特性 長期毒性試験、癌原性試験

ヌードマウス

系統名BALB/c Slc-nu/+(Foxn1nu)
由来東京大学医科学研究所
特性 癌等の細胞移植研究
体型小型
無毛ではない
新生仔ホモではひげがカールしている
胸腺欠如・T細胞機能欠如
マクロファージ活性の亢進
NK活性が高い

系統名BALB/c Slc-nu(Foxn1nu)
由来東京大学医科学研究所
特性 癌等の細胞移植研究
体型小型
無毛ではない
新生仔ホモではひげがカールしている
胸腺欠如・T細胞機能欠如
マクロファージ活性の亢進
NK活性が高い

系統名KSN/Slc(Foxn1nu)
由来東京大学医科学研究所
特性 nu/nu♀の乳腺の発達良好
nuホモ同士の交配・生産可能
異種腫瘍の細胞の移植継代可能

疾患モデル動物

系統名AKITA/Slc
由来秋田大学医学部
特性 糖尿病モデル
糖尿病・非肥満・ヘテロでの供給

系統名C57BL/6JHamSlc-ob/ob
由来浜松医科大学
特性 糖尿・肥満モデル
2型糖尿病・肥満・レプチン産生異常

系統名C57BL/6JHamSlc-Ay/+
由来浜松医科大学
特性 肥満モデル
成長とともに過食により肥満になる

系統名SAMR1/TaSlc
由来武田薬品工業株式会社、京都大学
特性 老化促進モデル
非胸腺リンパ腫・SAMP系対照動物
SAM研究協議会の委託で繁殖生産分与
アンチエイジングの研究に利用出来る

系統名SAMP1/SkuSlc
由来鹿児島大学医学部
特性 老化促進モデル
促進老化・免疫機能障害・肺過膨張性変化・老年性聴力障害・老化アミロイド症
SAM研究協議会の委託で繁殖生産分与
アンチエイジングの研究に利用出来る

系統名SAMP6/TaSlc
由来武田薬品工業株式会社、京都大学
特性 老化促進モデル
老年性骨粗鬆症
SAM研究協議会の委託で繁殖生産分与
アンチエイジングの研究に利用出来る

系統名SAMP8/TaSlc
由来武田薬品工業株式会社、京都大学
特性 老化促進モデル
学習・記憶障害/情動障害
SAM研究協議会の委託で繁殖生産分与
アンチエイジングの研究に利用出来る

系統名SAMP10/TaSlc
由来武田薬品工業株式会社、京都大学
特性 老化促進モデル
脳萎縮を伴う学習・記憶障害/情動障害
SAM研究協議会の委託で繁殖生産分与
アンチエイジングの研究に利用出来る

系統名DBA/1JJmsSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 薬物誘導性関節炎モデル
Ⅱ型コラーゲン関節炎モデル(薬物誘導)
感染防御・感染免疫実験

系統名NC/NgaSlc
由来名古屋大学農学部
特性 薬物誘導性アトピー性皮膚炎モデル
薬物誘導により皮膚炎発症
皮膚炎を発症させるためのダニを付けての供給も可能

系統名 B6.KOR/StmSlc-Traf3ip2adjm
C.KOR/StmSlc-Traf3ip2adjm
A.KOR/StmSlc-Traf3ip2adjm
AK.KOR/StmSlc-Traf3ip2adjm
由来埼玉県立がんセンター 臨床腫瘍研究所 松島芳文先生
特性 ADJMマウスは、日本産野生由来のインブレッドマウスKOR1に発見されました。提供する4系統のADJMマウスは原因遺伝子Traf3ip2adjmをBALB/CCrSlc、C57BL/6NCrSlc、A/JJmSSlcおよびAKR/NSlcに導入したコンジェニックマウスモデルです。
4系統の遺伝的背景により病態の異なるアトピー性皮膚炎モデルがご利用できます。
自然発症モデル動物のためカルタヘナ法の対象外です。

系統名(NZW×BXSB)F1/Slc※旧 Slc(NZW×BXSB)F1
由来NZW/NSlc♀×BXSB/MpJ-Yaa♂のF1
特性 血小板減少症モデル

系統名C57BL/6HamSlc-bg/bg
由来浜松医科大学
特性 NK細胞活性低下

系統名WBB6F1/Kit-Kitw/Kitw-v/Slc※旧 Slc:WBB6F1-W/WⅤ
由来大阪大学医学部附属癌研究施設
特性 貧血・肥満細胞欠損貧血・胃潰瘍 腸管免疫の研究
精幹細胞に対する酸化ストレスの研究

系統名WBB6F1/Kit-KitlSl/KitlSl-d/Slc
由来大阪大学医学部
特性 貧血・肥満細胞欠損貧血・胃潰瘍

系統名BXSB/MpJJmsSlc Yaa
由来東京大学医科学研究所
特性 疾患モデル動物
自己免疫疾患

系統名C3H/HeJJmsSlc- gld/gld
由来東京大学医科学研究所
特性 疾患モデル動物
自己免疫疾患

系統名C3H/HeJJmsSlc- lpr/lpr
由来東京大学医科学研究所
特性 疾患モデル動物
自己免疫疾患

系統名C57BL/6JJmsSlc- lpr/lpr
由来東京大学医科学研究所
特性 疾患モデル動物
自己免疫疾患

系統名MRL/MpJJmsSlc-lpr/lpr
由来東京大学医科学研究所
特性 自己免疫疾患モデル
SLE・自己免疫疾患
ループス腎炎、リンパ腫、血管炎

系統名NZB/NSlc
由来国立予防衛生研究所
特性 自己免疫疾患モデル
SLE・自己免疫疾患
ループス腎炎

系統名NZBWF1/Slc※旧 Slc:NZBWF1
由来国立予防衛生研究所
特性 自己免疫疾患モデル
SLE・自己免疫疾患
ループス腎炎

系統名CTS/Shi
由来塩野義製薬株式会社
特性 疾患モデル動物
免疫不全白内障

系統名Hos:HR-1
由来星野試験動物飼育所で繁殖生産し、SLCで販売
特性 疾患モデル動物
ヘアレス

系統名HIGA/NscSlc
由来日本新薬株式会社
特性 疾患モデル動物
IgA腎症

遺伝子組換え動物

系統名C57BL/6-Tg(CAG-EGFP)
由来大阪大学 遺伝情報実験センター 岡部勝先生
特性 ほぼ全身の組織細胞においてCAGプロモーター

系統名C57BL/6-BALB/c-nu/nu-EGFP
由来Anticancer,Inc.(米国)
特性 GFP

系統名C57BL/6JJmsSlc-Tg(gpt delta)
由来国立医薬品食品衛生研究所
特性 gpt delta

系統名F344/NSlc-Tg(gpt delta)
由来国立医薬品食品衛生研究所
特性 gpt delta

系統名Slc:WistarHannover/Rcc-Tg(gpt delta)
由来
特性 gpt delta

系統名SD-Tg(CAG-EGFP)
由来大阪大学 遺伝情報実験センター 岡部勝先生
特性 GFP

免疫不全モデル

系統名C.B-17/lcrHsd-Prkdcscid
由来FOX Chase Cancer Center,Philadelphia,Pennsylvania(米国)
特性 harlan社製動物
腫瘍医学、免疫学、ヒト造血細胞やヒト腫瘍細胞の移植等を利用した研究に有用
加齢に伴うT細胞、B細胞の発達が認められる

インブレッドマウス(近交系)

系統名CBA/CaOlaHsd
由来National Cancer Institute,Frederick,Maryland(米国)
特性 harlan社製動物
マウス局所リンパ節アッセイ(LLNA)(OECD429)に推奨

ラット

アウトブレッド

系統名Slc:SD
由来Charles River Laboratories,Inc.(米国)
特性 性質温順、発育良好、繁殖性良好
体型比較的大型
広く安全性・薬理・薬効試験・各種研究などに使用

系統名Slc:Wistar
由来東京大学医科学研究所
特性 性質温順、発育良好
体型比較的小型
長期飼育実験で生存率が高い
安全性・薬理・薬効試験・各種研究などに広く使用

系統名Slc:Wistar/ST
由来東京大学医科学研究所
特性 性質温順、発育良好、繁殖性良好
体型比較的大型
安全性・薬理・薬効試験・各種研究などに使用

系統名Hos:Donryu
由来(財)癌研究会研究所
特性 性質温順、発育良好、繁殖性良好
体型比較的大型
吉田肉腫に感受性が高く、実験腫瘍学の分野で広く使用

系統名Iar:Long-Evans
由来東北大学
特性 有色ラットの特性を生かした眼科領域の研究や行動の研究などに使用

インブレッド(近交系)

系統名F344/NSlc
由来東京大学医科学研究所
特性 性質温順、発育良好、繁殖性良好
体型小型
薬理・薬効試験・長期発癌試験などに使用

系統名WKAH/HkmSlc
由来北海道大学医学部
特性 神経質で取り扱いにくい
体型中型
移植免疫などで使用

系統名BN/SsNSlc
由来NIH
特性 移植免疫・アレルギー関係などで使用

系統名LEW/SsNSlc
由来NIH
特性 Ⅱ型コラーゲン関節炎(薬物誘導)
自己免疫性心筋炎

系統名DA/Slc
由来熊本大学医学部 SD[GN]を里親として子宮切断術によりSPF化
特性 薬物誘導性関節炎モデル
移植免疫
アジュバント関節炎モデル、コラーゲン関節炎(CIA)モデル、アレルギー性脳脊髄炎(EAE)モデルなどとして利用(薬物誘導)
抗癌剤であるCTP-11(イリノテカン)の副作用による下痢の研究に利用

系統名ACI/N Slc
由来国立予防衛生研究所
特性 薬物誘導性関節炎モデル
発癌実験で使用

疾患モデル動物

系統名GK/Slc
由来東北大学医学部
特性 糖尿モデル
2型糖尿病
血糖値上昇は軽度
インスリン非依存性糖尿病(NIDDM)

系統名KDP
由来東京医科大学
特性 糖尿モデル
1型糖尿病
自己免疫疾患

系統名WBN/Kob Slc
由来東京大学医学研究所
特性 糖尿モデル
♂のみが高血糖・糖尿・白内障・慢性膵炎を発症

系統名WBN Kob Slc-Leprfa
由来東京大学医学研究所
特性 糖尿・肥満モデル
♂のみが高血糖・糖尿・白内障・慢性膵炎を発症

系統名SHR/NDmcr-cp/cp
由来SHR等疾患モデル共同研究会
特性 糖尿・肥満モデル
肥満・糖尿・高血圧症・腎炎

系統名SHRP/IDmcr-fa/fa
由来SHR等疾患モデル共同研究会
特性 糖尿・肥満モデル
肥満・高血圧・脳血管障害

系統名DahlS.Z-Leprfa/Slc
由来浜松医科大学
特性 糖尿・肥満モデル
肥満・糖尿・高血圧・動脈瘤

系統名Slc:Zucker-fa/fa
由来東京医科大学
特性 肥満モデル
異所性石灰化(モデル)

系統名Hos:ZFDM-Leprfa
由来(株)星野試験動物飼育場
特性 糖尿・肥満モデル
肥満・高脂血症・非インスリン依存型糖尿病および糖尿性腎症などの糖尿病合併症の研究に使用

系統名SHR/Izm
由来SHR等疾患モデル共同研究会
特性 高血圧

系統名SHRP/Izm
由来SHR等疾患モデル共同研究会
特性 脳卒中

系統名WKY/Izm
由来SHR等疾患モデル共同研究会
特性 SHR/Izmのコントロール

系統名SHRPSP5/Dmcr
由来SHR等疾患モデル共同研究会
特性 非アルコール性脂肪肝疾患(NASH)モデル
高脂肪食(HFC)資料(フナバシファーム)を与えることにより腸管膜動脈に脂肪沈着が認められる
肝臓への脂質沈着により、重度の線維化発症がみられる

系統名DIS/Eis Dahl-lwai S
由来エーザイ株式会社
特性 食塩感受性高血圧
ヒトの本態性高血圧症および食塩感受性高血圧の研究に使用
※心不全および血圧関連の試験にお使いになる場合は専用飼料をお使い下さい。

系統名DIS/Eis Dahl-lwai R
由来エーザイ株式会社
特性 食塩抵抗性
ヒトの本態性高血圧症および食塩感受性高血圧の研究に使用
※心不全および血圧関連の試験にお使いになる場合は専用飼料をお使い下さい。"

系統名DA/Slc
由来熊本大学医学部 SD[GN]を里親として子宮切断術によりSPF化
特性 薬物誘導性関節炎モデル
移植免疫
アジュバント関節炎モデル、コラーゲン関節炎(CIA)モデル、アレルギー性脳脊髄炎(EAE)モデルなどとして利用(薬物誘導)
抗癌剤であるCTP-11(イリノテカン)の副作用による下痢の研究に利用

系統名ACI/N Slc
由来国立予防衛生研究所
特性 薬物誘導性関節炎モデル
発癌実験で使用

系統名F344/NSlc-Apcm1kyo
由来京都大学実験動物施設
特性 大腸ガン易誘発モデル

系統名Slc:WsRC-Ws/Ws
由来八木記念パーク実験動物研究所
特性 肥満細胞欠損貧血

系統名HWY/Slc
由来八木記念パーク実験動物研究所
特性 ヘアレスラット
UV照射試験
褥瘡モデル

系統名SDR
由来ヘキストマリオンルセル㈱実験動物センター
特性 矮小体躯症モデル
下垂体前葉中の成長ホルモン産生細胞の欠損、矮小、侏儒症